エコカー減税2015改正内容

車買い時決算期

 

エコカー減税とは、

 

国土交通省が定める排出ガスと燃費の基準値をクリアした環境性能に優れた車に対する優遇制度

 

のことです。新車を取得する際に、エコカー減税対象車を選ぶと

  • 自動車取得税
  • 自動車重量税

が優遇されるというものですが、この優遇措置が15年度から2年間延長されることになりました。

 

 

エコカー減税2015の改正内容

2015年で終了となったエコカー減税は、政府が定めている2015年度燃費基準などを基に免税や減税幅を決めていました。

 

ですが今回の改正では、

主として20年度燃費基準を尺度

とすることになり、減・免税の適用は重量税、取得税ともに細分化されました。

 

重量税(登録乗用車で0.5トンにつき年4100円)は、現行では50%または75%減税、免税の3段階が、15年度からは

  1. 本則税率(同年2500円)の適用
  2. 25%減税
  3. 50%減税
  4. 75%減税
  5. 100%免税

と5段階に細分化されています。

 

同様に取得税(登録乗用車は取得価格の3%)についても、現行の3段階から

  1. 100%免税
  2. 60%減税
  3. 80%減税
  4. 40%減税
  5. 20%減税

の5段階になっています。

 

取得税はこのほかにも、燃費基準などの達成度に応じて中古車の課税額が軽減される特例措置も延期され、新たに5万円〜45万円の4段階で課税額が控除されることになっています。

 

このうち100%免税となるのは

主としてハイブリット車

だけであることから、政府としては更なる低燃費車への購入が有利になる税制にシフトしたと言えます。

 

 

>消費税10%増税!車の買い時はいつ?買い替えオススメは何月?

 

 

 


エコカー