消費税増税10%、車の買い時・買い替え時の注意点とは

まず最初のポイントは...

 

2019年10月1日の消費税10%増税前に、車が登録されていなければならない

 

車の適用税率が決まるのは、登録時です。

 

契約時でも納車時でもありません。

契約

 

陸運局で登録が認可され車にナンバーのつく日が運命の分かれ道。

 

この日が2019年9月中ならば消費税は8%、2019年10月1日からは消費税10%になります。

 

アナタが購入を検討している車が人気車種で、納車まで2〜3ヶ月かかる車だったら2019年の7月とかに買いに行ったら完全に手遅れということ。

 

なのでまずは

 

アナタの欲しい車の標準納期情報を確認しておく
納期情報からナンバー登録時期を逆算し、購入時期を考える

 

これは前出のエコカー減税がある2019年3月までだったら大丈夫でしょうから、

 

エコカー減税と消費税10%で車はコウ変わる

あなたが購入検討中の車が消費税10%増税の直前に発売されるモノのは、エコカー減税の恩恵がなくなるのでダメです。

 

でも消費税増税前にフルモデルチェンジ済みの車は、エコカー減税が最も高い2017年度中に購入したほうがダブルで安い恩恵があります。

 

例えば本体価格200万円の車を購入する場合、消費税が8%なら216万円ですが、次の増税後には220万円と4万円アップです。

 

2019年10月1日には今までとまったく同じ車なのに、更に4万円支払いが増えます。

車

 

4万円ってなかなかのお金ですよ?

 

300万円の車だったら、消費税10%だと30万円です。

 

一方のエコカー減税は、2017年から2018年にかけて恩恵額が10%づつ下がります。

 

消費税10%増税とエコカー減税廃止のダブルパンチが来るのです。

 

円安傾向と物価高の影響

最近は円安の影響もあって、輸入材の原価も上がり加工製品の値段が上がってきています。

 

おそらく円安は2020年の東京オリンピック開催まで続くでしょうから、物価はそれまで確実に上昇しつづけます。

 

家賃も上がるし、食料品も上がる、でも給料はそんなに上がらない(推測)。

 

つまり、実質の暮らしは苦しくなるばかり...

 

そう考えると、

 

チェック新車を買い換える余裕があるがクルマの買い替え時!

 

やはりみんなが消費税増税前まで車の買い替えを手控えている今から2018年3月までが、車の買い時・買い替え時だと考えられるのです。

 

 

>消費税10%増税!車の買い時はいつ?買い替えオススメは何月?